EGUCHI_Takashi_風渡ル組曲 / Kalos Gallery

会期
 2012年4月14日(土)-5月6日(日)
 13:00~19:00、4月16,23日(月)休み 入場料 \300
 期間中何度でも入場出来るパスポート制です。

風渡ル組曲

昨年カロス・ギャラリーにて開催した個展『Beyond』以降、写真を通して「日常のとなりにある、
非日常の美しさ」を見出したいという私のテーマは、いよいよ表現の森の奥深くへと分け入りつつあります。
2度目の個展に当たる今回の展示では、主に自然の花々や草木を題材としながら、被写体の背後に隠された超現実的な美の世界を追求しています。それはまた、生命がその奥深くに秘める輝きや再生の息吹へのオマージュでもあります。
刻々と移り変わる陽の光や草原を吹き渡る風を前にしたとき、人の胸中に去来する色鮮やかな感覚。まるで喉を伝って落ちる冷たい湧き水のようにリアルに感じ取れる何ものか。
それらのものこそが、私が写真によってすくい取り、叶うならばそっくりそのまま誰かの手に手渡したいと願う一瞬であり、同時に、繰り返しシャッターを切らせる衝動の源なのです。

なお、今回の個展は、今年2月に福島市内で開催し好評を博した同名の展示に、新たな作品を加えて開催するものです。

震災から一年を経て、新たな一歩を踏み出そうとする人々の心に、写真による表現活動がわずかでも追い風となることを祈って止みません。

江口 敬

#01

#01

#02

#02


プリント:アーカイバル・インクジェット・プリント
印画紙種類:ハーネミューレ フォトラグ
印画紙サイズ:A3ノビ