SASE_Yoshiyuki / Kalos Gallery

会期
 2015年4月18日(土)~5月6日(水)
 13:00~19:00 月曜日休廊 (5/4は除く)
 入場無料

終了しました。

佐瀬佳之写真展「OFF-STREET」

あたりまえのような空間の中で
立ち止まり、その先に何があるのか
気がつかないでいる。

わけがあるからここにいた。

不完全すぎるこの世界で、その先にある定まらぬ方向性。
そして、さらに奥にある可能性。
行動するきっかけは誰しもが違うが
なぜ自分がここにいるのかを知り、やがて本質は宿る。

佐瀬 佳之

カロス・ギャラリーは、宮城県仙台市在住の写真家 佐瀬佳之(させよしゆき)による個展
「OFF- STREET」をone by one企画として開催します。

初めに、one by one企画とは、ギャラリー半分のスペース(壁面長約12m)を使用し、ひとつの個展として成立させるもので、スペース全体を使用する個展と比べて、スケール感はやや小さくなりますが、内容的には同等のものを目指しています。

今回がギャラリー初出展であり同時に初個展となる佐瀬は、プロフィールにありますように、写真スタジオでアシスタント業務を経験し、そこでの技術や知識を生かしながら、現在も撮影を行っています。とかく仕事として写真やカメラに触れていると、タイトなスケジュールや仕様、要求の制限の元での制作が日常化し、逆に本来あるべき作家としての活動とは遠い世界に入りがちになってしまうことがあります。自己表現という際限の無い世界を求めていくには、商業写真に求められるスキルや経験とは違った精神性や創造性、或いは己から発する熱のようなものが必要とされ、それらの多くが制約や繁忙の波により、かき乱されてしまうのかもしれません。

そんな多忙を極めたアシスタント時代の2007年、グループ展「切磋」で自身の作品を展示、発表する機会を持ちます。書や絵画作品と混在のグループ展でしたが、初展示に加え、分野の違う作家や作品との交流はこれまでに経験の無い有意義なものであったと言います。その後、インディーズバンド”PASSING TRUTH DRIVE”で活動をしている出展者に刺激を受け、彼らの挑発に乗るかのように、ライブを中心に撮影を行うようになり、2012年、これらを作品としてまとめた写真集「アタリマエノヨウニ」を自費出版します。約60点のモノクロ作品で構成された、ほぼB4サイズというやや大ぶりのそれからは、ライブでのエネルギッシュな様子の他にそこから離れた彼らの日常にも入り込み、写真として切り取ることで、対象であるバンドをドキュメントとして描くこと以上に、この世に生を受け、現在或る自分自身の意味を見つめ直し、これからの生き方を模索している作者自身の姿が浮かび上がってくるかのような印象を受けます。

さて、そこから3年を経て、今回の発表に至るわけですが、タイトルは「OFF-STREET」、直訳すると、大通りから離れた、裏通り、という意味を持ちます。タイトル通り、街中のいたるところに存在する路地裏や建物と建物との間に出来た狭小空間を主として撮影した作品は、表通りにあるような明るい雰囲気や人々が行きかう賑やかさもなくひっそりとし、道としての存在すらない佇まいで、そこから受ける印象は、暗く、湿った、いわばネガティブなものだけかもしれません。しかしながら、意図され、或いは意図もなく出来てしまった空間は、それぞれが似たイメージを持ちながらも、それらが出来た状況や事情、長く経過した時間によって、差異や特徴を持ち、決して無用なだけの場所ではないことに気づかれるはずです。また、その先におぼろげに見える出口や明るい光を持つ空間の存在は、その場に立ち、カメラからのぞき見ている自身の心情や心象の表れのようにも感じられます。

そして、これらを発表するに当たり、個展という逃げ場のない形を選んだことは、まだ見えぬ将来や未来、現実にある困難さに対して臆することなく、真っ直ぐな目を持って、歩んで行こうとの意思表明でもあるのです。


多くの方々のご来廊を心より願っております。



#01

#01

#02

#02



○作品仕様

プリント:アーカイバル・インクジェット・プリント
印画紙種類:ピクトラン バライタ
印画紙サイズ:A3、A3ノビ
予定作品点数:16点

○プロフィール

佐瀬 佳之 SASE Yoshiyuki

1983年 仙台市に生まれる。
2005年 フォトスタジオ21に入社。2010年までアシスタントとして勤務。
その後、現在は裏路地の中にいる。


○出展歴

2007年 仙台メディアテークにて、グループ展「切磋」

○出版物

2012年 写真集「アタリマエノヨウニ」 自費出版



 

同時開催 Gallery Collection

ギャラリー所蔵のハービー・山口、横木安良夫のゼラチン・シルバー・プリント及びアーカイバル・インクジェット作品と写真集を展示します。

ページの先頭へ