亀卦川宏人写真展_流跡 / Kalos Gallery

会期
 2017年2月16日(木)~2月28日(火)
 13:00~19:00 月曜日休廊
 入場料 ¥300 (期間中何度でも入場出来るパスポート制)

終了しました。

01_スキャン.tiff

流れのことを考えていた。川の流れ。街を行く人の流れ。車の流れ。血の流れ。流れとは循環。流れは交錯する。それによって様々な営みがうまれる。その中で私はカメラを持っていた。

そして「流れ去った痕跡」のようなものが私の写真に多くあることに気付く。そこにあった「かもしれない」ものを想起する。「かもしれない」ものは、実は誰も気にかけなかった瞬間かもしれない。人知れずふっと見せた表情かもしれない。

そういった写真を提示してみる。ひらがなを流麗に書き進めるように、「流れの軌跡」を再構成してみた。回送車のように送られてきたものを他へ送る。循環する。ぐるぐると回って見てほしい。螺旋階段のように一段階上がっているかもしれない。下がっているかもしれない。エッシャーの滝のように元に戻るのかもしれない。



亀卦川 宏人

03_SDIM6020.JPG

#01

18_d_DSCF5359.JPG

#02





○作品仕様

プリント:インクジェット・プリント
印画紙種類:エプソン純正 絹目
印画紙サイズ:A2ノビ、A3ノビ、A4相当
予定作品点数:20点

○プロフィール

亀卦川 宏人 Kikegawa Hiroto

1973年生。宮城県仙台市在住。
毎日変わっていく何かを、見過ごしがちな何かを、記憶とは違った形で見てみたいと思い、日々写真を撮り続けている。
路上撮影、スナップショットばかりである。スナップショットとは、よそゆきではない、素の世界。小さな偶然はそこここにあって、それを見たいし見せたいと思う。

WEB SITE  http://hirotograph.com/
Email  kamehati@gmail.com




○主な出展歴

2010年 8月 3人展 「そこに、或るもの ‐それぞれの視線-」
2011年 3月 「Gallery Collection & Photo Showcase」
2011年 9月  「11-10+1」 富士フィルムフォトサロン仙台
2012年 8月 「Photo Park - 写真の眼 -」
2012年10月  「12-12」 富士フィルムフォトサロン仙台
2013年10月 個展 「瞬き」
2014年 9月 個展 亀卦川宏人写真展 「他人の風景」 Sendai Artist Run Place
2015年 1月  「Colorful」
2016年 2月 「Sha-gaku vol.10」
2016年 7月 「flowers」

その他、グループ展等、多数参加、形式は、個展以外は企画グループ展

会場は、記載の無きものはいずれもカロス・ギャラリー